歯の間にすき間がある

歯と歯の間に空隙がみられる歯列。歯そのものが小さかったり、歯に対して顎が大きいことなどが原因です。
また、歯の数が不足した時や、舌癖(嚥下した時に舌を突き出す癖)などによっても起こります。その他にも、歯周病によって歯を支えている骨が痩せてくると前歯の間に隙間が開いてくることもあります。

症例

治療前

歯の間にすき間がある歯の間にすき間がある

治療後

歯の間にすき間がある歯の間にすき間がある
矯正治療後、笑顔に自信がもてるようになりました。
[主訴]
上下の歯にすき間がある
[治療内容]
歯を抜かずにマウスピース型矯正装置により1年6か月の治療を行った。
[治療費用]
100万円
[治療で考えられるリスク]
歯の間にすき間ができているほとんどの場合、舌突出癖が原因である。治療後にも舌突出癖による後戻りには注意を要する。

ご予約・お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください

078-332-5735

診療時間

10:00~12:30 / 14:00 ~18:30

診療時間

10:00〜12:30 ×
14:00〜18:30 ×

※休診日:木曜・日曜・祝日

住所

〒650-0012
兵庫県神戸市中央区北長狭通1-2-2
三ノ宮エビスビル8F
JR三ノ宮駅西口/阪急神戸三宮駅東口の北向かい

アクセスマップはこちら

お気軽にお問い合わせ下さい