神戸市三宮駅前の矯正歯科

ロゴイメージ

吉田矯正歯科クリニック

兵庫県神戸市中央区北長狭通1-2-2 三宮エビスビル8F

078-332-5735 初診ご予約 メール相談
採用情報

歯科矯正用アンカースクリューを
利用した矯正

歯科矯正用アンカースクリューを
利用した矯正

これまでの矯正治療では、奥歯の位置を固定するためにヘッドギア(ゴムベルトで口の外から大臼歯を奥の方に引っぱる)のような方法がとられてきました。
しかし、ヘッドギアは装着したまま外出しづらいなどの制限があり、また患者さんの協力度によって結果は大きく左右されました。
歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正歯科治療は、小さな歯科矯正用アンカースクリューと呼ばれる小さなネジを歯ぐきにねじ入れ、これを土台(固定源)にして前方の歯を動かしたり、場合によっては奥歯をさらに奥へ移動することも出来ます。
歯科矯正用アンカースクリューを入れる時には麻酔をします。
歯科矯正用アンカースクリューを取る時は麻酔無しで治療を行います。

歯科矯正用アンカースクリューを
利用した矯正のメリット

1.歯の移動効率が高まり 治療期間の短縮が期待できる

骨に埋め込まれた矯正用として利用する歯科矯正用アンカースクリューが固定源となり、歯を動かすため奥歯に負担がかかりません。
その結果、より確実で精度の高い治療を効率的に行うことができます。

2.難しい症例にも対応可能となる

従来の矯正装置では限界を超えていた歯の移動が可能になりますので、治療が難しかった重症の症例にも対応ができます。
開咬(上下の歯が部分的に咬み合わず開いてる症状)などは典型的な例です。

3.治療方法が今までと変わる

従来なら抜歯をして治療を進めたような症例でも、歯科矯正用アンカースクリューでは、歯を抜かずに済んだり、また、今まで外科的治療が必要であった症例でも、手術を回避できることがあります。

矯正用ミニスクリューインプラント

直径1.2㎜、長さ6〜9㎜と非常に細く、違和感もほとんどなく、外科的侵襲も最小限に抑えることができます。
生体親和性に優れた純チタン製です。

歯科矯正用アンカースクリューを
利用して治療を行いました

1.初回診断時

出っ歯で 口唇から いつも前歯が見えてしまい 口元が閉じにくいとお悩みの女性。
上顎前突症(出っ歯)で 前歯を確実に後方に移動するには、奥歯は動かないようにしっかり固定しておく必要があります。
そのために歯科矯正用アンカースクリューを使うことは 極めて有効です。

2.治療中

出ている前歯を効率よく後方に移動させるため、小臼歯を抜歯し、矢印の位置に歯科矯正用アンカースクリューを埋め込みました。
歯科矯正用アンカースクリューを固定源(土台)にゴムをかけ、前歯を後ろに移動させます。

3.治療終了

歯科矯正用アンカースクリューを利用した矯正により、出ている前歯は引っ込み、きれいな歯並びになりました。
また、口唇をしっかり閉じることが出来るようになり、引き締まった口元になりました。
もちろん、最後には歯科矯正用アンカースクリューを取ります。

主訴前歯が出ている、口元が出ている  
診断名あるいは主な症状上顎前突
年齢36歳
治療に用いた主な装置マルチブラケット装置
抜歯部位上顎の第一小臼歯と下顎の第二小臼歯の計4本
治療期間2年11か月
治療費概算90万円
リスク副作用矯正用アンカースクリューを打つリスクとして、隣の歯の歯根を傷つけたり、不衛生な口腔内では感染して抜け落ちたりすることがある。

矯正歯科治療に伴う一般的な
リスクと副作用

  1. 最初は矯正装置による不快感、痛みなどがあります。数日から1~2 週間で慣れることが多いです。
  2. 歯の動き方には個人差があるため、治療期間が予想より長期化することがあります。
  3. 装置や顎間ゴムの扱い方、定期的な通院など、矯正治療では患者さまのご協力がとても重要であり、それらが治療結果や治療期間に影響します。
  4. 治療中は装置が付いているため歯が磨きにくくなります。
    虫歯や歯周病のリスクが高 まるので、丁寧な歯磨きや定期メンテナンスの受診が大切です。
    また、歯が動くことで見えなかった虫歯が見えるようになることもあります。
  5. 歯を動かすことにより歯根が吸収されて短くなることがあります。また、歯肉が痩せ て下がることがあります。
  6. ごくまれに、歯が骨と癒着していて歯が動かないことがあります。
  7. ごくまれに、歯を動かすことで神経に障害を与え、神経が壊死することがあります。
  8. 治療中に金属などのアレルギー症状が出ることがあります。
  9. 治療中に「顎関節で音が鳴る・顎が痛い・口が開けにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。
  10. 問題が生じた場合、当初の治療計画を変更することがあります。
  11. 歯の形状の修正や噛み合わせの微調整を行うことがあります。
  12. 矯正装置を誤飲する可能性があります。
  13. 装置を外すときに、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、補綴物(被せ物など)の一部が破損することがあります。
  14. 装置を外した後、保定装置を指示通りに使用しないと後戻りが生じる可能性が高くなります。
  15. 装置を外した後、現在の噛み合わせに合わせて補綴物(被せ物など)の作製や虫歯治療などをやり直す可能性があります。
  16. 顎の成長発育により、噛み合わせや歯並びが変化する可能性があります。
  17. 治療後に親知らずが生えて、歯列に凹凸が生じる可能性があります。
    加齢や歯周病などにより歯を支える骨が痩せると、歯並びや噛み合わせが変化することがあります。
    その場合、再治療が必要になることがあります。
  18. 矯正治療は、一度始めると元の状態に戻すことが難しくなります。
078-332-5735

〒650-0012
兵庫県神戸市中央区北長狭通1-2-2
三宮エビスビル8階

診療時間
10:00
~12:30
××
14:00
~18:30
××

※休診日:木曜・日曜・祝日