インプラントを利用した矯正

インプラントを利用した矯正とは?

一般に用いられているインプラントという語は、顎の骨に人工歯根を入れて、その先端に人工の歯を付けて歯の代わりをさせることを意味しますが、矯正で用いるインプラントの目的はまったく異なります。 これまでの矯正治療では、奥歯の位置を固定するためにヘッドギア(ゴムベルトで口の外から大臼歯を奥の方に引っぱる)のような方法がとられてきました。しかし、ヘッドギアは装着したまま外出しづらいなどの制限があり、また患者さんの協力度によって結果は大きく左右されました。 インプラント矯正(歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正歯科治療)は、小さなインプラント体(最近はミニスクリューインプラントと呼ばれる小さなネジが主)を歯ぐきにねじ入れ、これを土台(固定源)にして前方の歯を動かしたり、場合によっては奥歯をさらに奥へ移動することも出来ます。インプラントを入れる時には麻酔をします。インプラントを取る時は麻酔無しで治療を行います。

インプラントを利用した矯正のメリット

①歯の移動効率が高まり 治療期間の短縮が期待できる

骨に埋め込まれた矯正用として利用するインプラントが固定源となり、歯を動かすため奥歯に負担がかかりません。その結果、より確実で精度の高い治療を効率的に行うことができます。

②難しい症例にも対応可能となる

従来の矯正装置では限界を超えていた歯の移動が可能になりますので、治療が難しかった重症の症例にも対応ができます。開咬(上下の歯が部分的に咬み合わず開いてる症状)などは典型的な例です。

③治療方法が今までと変わる

従来なら抜歯をして治療を進めたような症例でも、インプラント矯正(歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正歯科治療)では、歯を抜かずに済んだり、また、今まで外科的治療が必要であった症例でも、手術を回避できることがあります。
インプラント装置の種類
矯正用ミニスクリューインプラント 直径1.2㎜、長さ6〜9㎜と非常に細く、違和感もほとんどなく、外科的侵襲も最小限に抑えることができます。生体親和性に優れた純チタン製です。

インプラントを利用した矯正治療を行いました

1.初回診断時

出っ歯で、口唇からいつも前歯が見えてしまい、口元が閉じにくいとお悩みの女性。 上顎前突症(出っ歯)で、前歯を確実に後方に移動するには、奥歯は動かないようにしっかり固定しておく必要があります。そのために矯正用インプラントを使うことは、極めて有効です。

2.治療中

出っ歯で、口唇からいつも前歯が見えてしまい、口元が閉じにくいとお悩みの女性。 出ている前歯を効率よく後方に移動させるため、小臼歯を抜歯し、矢印の位置にインプラントを埋め込みました。インプラントを固定源(土台)にゴムをかけ、前歯を後ろに移動させます。

3.治療終了

インプラントを利用した矯正により、出ている前歯は引っ込み、きれいな歯並びになりました。また、口唇をしっかり閉じることが出来るようになり、引き締まった口元になりました。もちろん、最後にはインプラントを取ります。
[治療費用]
約90万円
[考えられるリスク・副作用]
インプラントを入れるリスクとして、隣の歯の歯根を傷つけたり、不衛生な口腔内では感染して抜け落ちたりすることがあります。

ご予約・お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください

078-332-5735

診療時間

10:00~12:30 / 14:00 ~18:30

診療時間

10:00〜12:30 ×
14:00〜18:30 ×

※休診日:木曜・日曜・祝日

住所

〒650-0012
兵庫県神戸市中央区北長狭通1-2-2
三ノ宮エビスビル8F
JR三ノ宮駅西口/阪急神戸三宮駅東口の北向かい

アクセスマップはこちら

お気軽にお問い合わせ下さい