前歯が噛み合わない

奥歯を噛み合わせても、上下の前歯が互いに接触せず、すき間ができてしまう状態。
上下の歯が噛み合っていないので、その部分で食物を噛み切ることができず、また、発音も不明瞭になりがち。
軽度な場合は本症例のように矯正治療のみで改善可能です。
上下の前歯の間から舌がはみ出している(舌癖)方がほとんどなので、歯に関連する筋肉のバランスを整えるトレーニングも同時に行います。一般にこのトレーニング法を「口腔筋機能療法」または「MFT」と呼びます。
原因として遺伝的な要素が強い場合もありますが、指しゃぶり、舌を突き出す癖、扁桃腺・アデノイドの肥大に伴う口呼吸などが原因になっていることもあります。噛み合う歯が少ないため顎関節症が発生しやすくなります。

矯正治療のみで治療

治療前

前歯が噛み合わない前歯が噛み合わない前歯が噛み合わない

治療後

前歯が噛み合わない前歯が噛み合わない前歯が噛み合わない
矯正治療後、前歯でしっかり噛み切ることが出来るようになりました。 引き締まった口元になりました(矯正治療のみで治療)。
[主訴]
前歯で咬み切れない
[治療内容]
上顎の第一小臼歯と下顎の第二小臼歯の計4本を抜去しマルチブラケット装置により3年の治療を行った。固定源には、上顎に矯正用アンカースクリューを使用した。
[治療費用]
90万円
[治療で考えられるリスク]
水平的にも垂直的にも前歯部が開咬状態で舌突出癖を認めた。舌トレーニングを併用しながら矯正治療を行った。治療後の保定中にも舌突出癖による後戻りには注意を要する。

矯正治療と手術を併用して治療

治療前

骨格的開咬の場合、噛めるのは奥歯のみです。 このような症状に対しては外科的矯正治療(矯正治療と手術を併用)が必要です。
前歯が噛み合わない前歯が噛み合わない前歯が噛み合わない

治療後

前歯が噛み合わない前歯が噛み合わない前歯が噛み合わない
治療を始める前は、奥の歯でしかかめませんでしたが、外科的矯正治療後(外科的矯正治療の詳しい説明はこちら)、 前歯はもとより全体で、大変良く噛めるようになりました。引き締まった口元になり、口唇も閉じやすくなりました。
[主訴]
奥歯でしか咬めない。
[治療内容]
歯を抜かずに上下顎の手術を併用したマルチブラケット治療(外科的矯正治療)により2年8か月の治療を行った。
[治療費用]
保険治療
[治療で考えられるリスク]
骨格的な開咬である場合には外科的矯正治療が第一選択となる。全麻下での施行となる上下顎移動術によるリスクを説明し、理解、納得をいただき外科的矯正治療を始めることとなる。

ご予約・お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください

078-332-5735

診療時間

10:00~12:30 / 14:00 ~18:30

診療時間

10:00〜12:30 ×
14:00〜18:30 ×

※休診日:木曜・日曜・祝日

住所

〒650-0012
兵庫県神戸市中央区北長狭通1-2-2
三ノ宮エビスビル8F
JR三ノ宮駅西口/阪急神戸三宮駅東口の北向かい

アクセスマップはこちら

お気軽にお問い合わせ下さい