お子様の矯正治療

学校の歯科検診で歯並びを指摘されて、はじめて矯正治療について考える家庭も多いと思います。 よくある質問に、いつから矯正治療を始めたらいいですか? とか、早い方がいいですか? など開始時期についての質問は数多く寄せられます。それだけ、わが子の矯正治療が手遅れにならないかと、心配されている親御さんが多いのだと思います。 質問に対する答えは、早くから治療を始める必要性のある場合もあれば、永久歯にすべて生えかわってからでもよい場合があり、診察の上、適切な判断が必要であるとしか言えません。 一般的に、成長発育段階にある小学生くらいまでに行う小児矯正を「Ⅰ期治療」と呼び、永久歯に生えそろった後に行う本格矯正を「Ⅱ期治療」と呼びます。
「Ⅰ期治療」
あごの骨がまだ発育段階にある子供(主として小学生)の場合に、矯正治療により顎の成長発育を促したり、抑制したりして正しい方向に導いて、歯と顎を自然で理想的な位置関係になるように導いていきます。 例えば、歯列弓を拡大したり、ヘッドギア(上顎骨の成長抑制用の装置)やチンキャップ(下顎骨の成長抑制用の装置)で上顎骨や下顎骨の成長をコントロールします。また、混合歯列期(乳歯と永久歯が混在)であるので、乳歯から永久歯への交換が正しく行われるように必要な処置を行います。
「Ⅱ期治療」
中学生以降に、すべての永久歯にブラケットと呼ばれる装置をつけ、それらに矯正用ワイヤーを通して、すべての歯を理想的な位置に3次元的に動かし、咬み合わせを仕上げていきます。 顎の大きさに対して歯が並びきれずデコボコしている場合や、前歯が出ている場合などには、横の方の歯を抜いて、その抜いたスペースを利用して歯列を整えることもあります。1ヵ月に1回程度のペースで来院して頂き、ワイヤーを交換したり、装置の調節、ゴム掛けなどを行います。

早期からの矯正治療のメリット

むし歯ができにくくなる

歯並びがきれいになるので、歯ブラシがしやすくなるだけでなく、装置の調節の度に衛生士が汚れのチェックを行いますので、自然と歯磨きが身につきます。

よく噛めるようになる

デコボコしているために、噛んだ時に局所的に上下の歯が強く当たると、咬合性外傷と言って特定の歯に過度の力がかかることになり、歯を支えている組織が損傷を受けることがありますが、それを避けられます。

顎の発育を正しい方向に導ける

顎の自然な成長発育を阻害するような、咬み合わせを改善します。 また、様々な矯正装置を使用して、顎の成長を助けたり、抑制したりします。特に、顔面の左右的な歪みがある場合は、出来るだけ早期の方が有利です。

悪習癖が改善される

吸指癖、舌突出癖などの口に関連する悪習癖(噛み合わせに悪影響を与える癖)を改善するには、早い方が有利です。

デメリット

早期に治療に入ることの欠点は、治療期間が長くなることです。早く矯正治療を始めると、それだけ長期間にわたり矯正装置がついている可能性があります。 そういう場合には、Ⅰ期治療中に今後の治療についての「見極め」が大切になってきます。あまり効果が期待できない矯正治療を「ダラダラ」続けていくよりも、Ⅱ期治療に進むことを前提として、めりはりの利いた効率良い治療計画を立てていくことが大切です。

症例1

治療前

小児矯正の治療前写真 小児矯正の治療前写真 小児矯正の治療前写真

治療後

小児矯正の治療前写真 小児矯正の治療前写真 小児矯正の治療前写真
あごの大きさに対して歯が大きく、このままだとガタガタになることを心配して来院されました。早い時期から拡大等の治療を行い、最終的には歯を抜かずに治療できたことに、非常に満足されています。7歳から開始、17歳で終了しました。
[主訴]
ガタガタになりそう
[診断名あるいは主な症状]
叢生
[年齢]
7歳
[治療に用いた主な装置]
早期治療は主にヘッドギア(上顎の成長を抑制する装置)とあごの側方拡大を行った。7歳から早期治療を行い、15歳から歯を抜かずに1年10か月マルチブラケット治療を行った。
[抜歯部位]
非抜歯
[治療期間]
10年
[治療費概算]
90万円
[リスク副作用]
こどもに対して、あごの側方拡大はよく行う治療ですが、歯を並べるためにむやみに拡げるべきではありません。こどもの骨は柔らかいので拡がりますが、限度を超えて拡大された歯並びは必ず後戻りします。

症例2

治療前

小児矯正の治療前写真 小児矯正の治療前写真 小児矯正の治療前写真

治療後

小児矯正の治療前写真 小児矯正の治療前写真 小児矯正の治療前写真
下顎が、右側にゆがんで右側の咬み合わせが反対になっています。 正中線(上下の歯の真ん中のライン)が大きくズレています。 このまま放っておくと、下顎が右側にゆがんだまま成長してしまいます。早い時期から矯正治療をすることにより、下顎のゆがみが改善され、正中線も合いました。 6歳から開始、15歳で終了しました。
[主訴]
受け口になって、下あごがゆがんできた
[診断名あるいは主な症状]
下顎の右方偏位
[年齢]
6歳
[治療に用いた主な装置]
早期治療は主にあごの側方拡大と機能的矯正装置(FKO:成長期に下顎の成長を促進する装置)による治療を行った。6歳から早期治療を行い、15歳から上下顎の第一小臼歯を計4本を抜去しマルチブラケット装置により2年9か月の治療を行った
[抜歯部位]
上下顎の第一小臼歯
[治療期間]
12年
[治療費概算]
90万円
[リスク副作用]
下顎が、右側にゆがんで右側の咬み合わせが反対になり、正中線(上下の歯の真ん中のライン)が大きくズレています。 このまま放っておくと、下顎が右側にゆがんだまま成長してしまいます。早い時期から矯正治療をすることにより、下顎のゆがみが改善され、正中線も合いました。

矯正歯科治療にともなう一般的なリスク・副作用

  1. ① 最初は矯正装置による不快感、痛みなどがあります。数日から1~2 週間で慣れることが多いです。
  2. ② 歯の動き方には個人差があるため、治療期間が予想より長期化することがあります。
  3. ③ 装置や顎間ゴムの扱い方、定期的な通院など、矯正治療では患者さまのご協力がたいへん重要であり、それらが治療結果や治療期間に影響します。
  4. ④ 治療中は、装置がついているため歯が磨きにくくなります。虫歯や歯周病のリスクが高まるので、丁寧な歯磨きや定期メンテナンスの受診が大切です。また、歯が動くことで見えなかった虫歯が見えるようになることもあります。
  5. ⑤ 歯を動かすことにより歯根が吸収されて短くなることがあります。また、歯肉が痩せて下がることがあります。
  6. ⑥ ごくまれに、歯が骨と癒着していて歯が動かないことがあります。
  7. ⑦ ごくまれに、歯を動かすことで神経に障害を与え、神経が壊死することがあります。
  8. ⑧ 治療中に金属などのアレルギー症状が出ることがあります。
  9. ⑨ 治療中に、「顎関節で音が鳴る、顎が痛い、口が開けにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。
  10. ⑩ 問題が生じた場合、当初の治療計画を変更することがあります。
  11. ⑪ 歯の形状の修正や、噛み合わせの微調整を行なうことがあります。
  12. ⑫ 矯正装置を誤飲する可能性があります。
  13. ⑬ 装置を外すときに、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、補綴物(被せ物など)の一部が破損することがあります。
  14. ⑭ 装置を外した後、保定装置を指示通りに使用しないと後戻りが生じる可能性が高くなります。
  15. ⑮ 装置を外した後、現在の噛み合わせに合わせて補綴物(被せ物など)の作製や虫歯治療などをやり直す可能性があります。
  16. ⑯ 顎の成長発育により、噛み合わせや歯並びが変化する可能性があります。
  17. ⑰ 治療後に親知らずが生えて、歯列に凹凸が生じる可能性があります。加齢や歯周病などにより歯を支える骨が痩せると、歯並びや噛み合わせが変化することがあります。その場合、再治療が必要になることがあります。
  18. ⑱ 矯正治療は、一度始めると元の状態に戻すことが難しくなります。

 

ご予約・お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください

078-332-5735

診療時間

10:00~12:30 / 14:00 ~18:30

診療時間

10:00〜12:30 ×
14:00〜18:30 ×

※休診日:木曜・日曜・祝日

住所

〒650-0012
兵庫県神戸市中央区北長狭通1-2-2
三ノ宮エビスビル8F
JR三ノ宮駅西口/阪急神戸三宮駅東口の北向かい

アクセスマップはこちら

お気軽にお問い合わせ下さい