顎関節症

  • 主な症状
    口を開閉すると顎が痛い、だるい。耳の前の部分で「カクカク」と音がする。口を大きく開けることができない等々。
  • 原因
    原因となる要因は幾つかあり、それらが積み重なって、ある限界を超えたときに発症します。要因となる代表的なものとしては、歯ぎしりやくいしばり、噛み合わせの異常、生活習慣、ストレス、外傷などがあります。
  • 治療法
    まずは、口を大きく開けたりせずに、顎に負担がかからないように安静にすることが大切です。噛み合わせを安定させる「スプリント療法」、消炎鎮痛剤や筋弛緩薬などを用いる「薬物療法」、マッサージやストレッチングを行う「理学療法」などの治療法がありますが、これらを組み合わせて治療にあたることになります。

※顎関節症は、顎の関節やその周囲の筋肉の異常によりおこる病気で、自然に治る軽症のものから、日常生活に支障をきたす重症のものまで、さまざまな状態があります。 顎の関節は、耳の穴のすぐ前にあり、頭の骨と下顎の骨で構成され、その間にある「関節円板」という繊維軟骨がクッションの役割を果たしています。骨どうしが直接こすれずにスムーズに動くのは、関節円板が間で潤滑の役割を担っているためです。また、顎関節のまわりにある筋肉も関節の動きをサポートしています。だから、顎関節症にも関節(関節円板)そのものに問題がある場合と、周囲の筋肉が痛んでいる場合の2種類があります。こうした、筋肉や顎関節が何らかの原因でダメージを受けると顎関節症が起こります。

症例

治療前

顎関節部のレントゲン像では、下顎頭の若干の変形(平坦化)が認められます。

治療後

矯正治療後には、下顎頭は丸みを帯びて、形態はわずかですが修復されました。
痛みも当初よりは楽になり、特に頭痛や肩こりが改善しました。

奥歯だけで噛んでいて、前歯では噛めていません。このような状態を開咬と呼びます。このようなバランスの悪い咬み合わせでは、顎の関節部に過度の強い力や不均衡な力が加わってしまい、関節部はダメージをうけてしまいます。

矯正治療後、前歯から奥歯まで全体で均等に咬めるようになったので、顎の関節部に加わる力は軽減され、下顎頭軟骨の形態は修復されました。安定した咬み合わせになることにより、顎関節部への負担は軽減され、自身の持つ修復力により、自然と治っていきます。
このように、開咬や過蓋咬合など顎関節症になりやすい咬み合わせがあることは、よく知られています。

ご予約・お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください

078-332-5735

診療時間

10:00~12:30 / 14:00 ~18:30

診療時間

10:00〜12:30 ×
14:00〜18:30 ×

※休診日:木曜・日曜・祝日

住所

〒650-0012
兵庫県神戸市中央区北長狭通1-2-2
三ノ宮エビスビル8F
JR三ノ宮駅西口/阪急神戸三宮駅東口の北向かい

アクセスマップはこちら

お気軽にお問い合わせ下さい